えぐぜの、なんか、えーと…あれです、あれ。

ゲームとか音楽とかについて気ままに更新。

【FF14】物語の区切り

どうも、えぐぜです。

今回も、前回に引き続き、ストーリーを中心に進めました。

果たして、自分はアルテマウェポンは撃破できたのでしょうか?

  

いや、倒さないと先に進めないんですけどね。

  

帝国の本拠地へ

リットアティンさんを、あっけなく撃破したあと、各国にある帝国の拠点は、3国のそれぞれの部隊が攻撃を仕掛け、潰していきます。

そして最後、アルテマウェポンがいる魔導城プラエトリウムへ突入するのですが、シールドが展開されていて侵入できません。

そこで、シールドの出力装置みたいなのを止めるため、プラエトリウムを囲んでいる要塞カストルム・メリディアヌムへと攻撃を仕掛けます。

 

はい主人公の出番です。

8人PTです。

怖いです。

f:id:exe_909:20200407154304j:plain

この圧倒感。

とにかく、基本的にタンクを集中的に見ることを忘れずに行こう…。

 

f:id:exe_909:20200407154428j:plain

道中、シドとともに行動します。

魔導アーマーの力で、シールド発生装置みたいなのを破壊していきますが、途中でフルパワー出力で攻撃したため、使い物にならなくなります。

まぁそんな簡単にはいかないですよね。

 

f:id:exe_909:20200407155004j:plain

カストルム・メリディアヌムのボス、リウィア・サス・ユニウス。

腕に刃と銃口がついた装甲を使い、戦ってきます。

最初は、リウィアが魔導アーマーに乗った状態で戦うのですが、フィールドに配置された砲台を使って応戦します。

正直よくわかりませんでした←

魔導アーマー状態を倒すと、生身での戦い。

リットアティンさんよりかわ耐久力はあったものの、ものすごい攻撃をしてくることもなく、回復支援も比較的に楽で、簡単に倒せました、

f:id:exe_909:20200407155614j:plain

詳しい過去はわかりませんが、リウィアはガイウスに拾われたみたいですね。

それから、リウィアはガイウスの為に懸命に働いて、今に至ると。

 

帝国の人間って、根っからの悪人っていないような気がするんですよね。

よく出会い方が違ったら仲間だったかもしれないってあるじゃないですか。

そんな感じです。

 

とにかく装置を全て破壊できたので、魔導城プラエトリウムに突入です。

 

最終決戦 

f:id:exe_909:20200407160644j:plain

 ということで、最後の戦いです。

この戦いも8人PTです。

今回、道中で発生するイベントムービーですが、他の冒険者さんが映ります。

NPCでなくプレイヤーが。

なので、こんな現象が起きました。

f:id:exe_909:20200407161843j:plain

あれ?後ろに自分がいる…?

というか、私が分身…?

 

いやね、道中イベントシーンで、装備が違う自分がちらほら映っていて、あれ?突入時に着替えたかなー?とか、装備が変わるバグ発生?とか考えてたんですよ。

 

まさかの瓜二つ。

FF14のキャラメイクは、すでに用意された顔のパーツを選んで作成するため、似たキャラクターが存在するのは当然なんですけど…。

髪色髪型瞳の色とか、ほぼすべて一致してるのは奇跡に近いんじゃないんですかね…。

もしかして、生き別れのお姉さまだったりして←

そのお姿は、とっても勇ましくありました。

もし、また一緒になったらよろしくおねがいします←

 

f:id:exe_909:20200407162723j:plain

さて、最後のボスラッシュ。

アルテマウェポンアルテマウェポン赤い彗星のシャア(アシエン)の3本です。

 

3戦とも、範囲攻撃に気をつけましょう。

結構な頻度でDPSにもダメージが入ります。

もちろん自分にも。

なので、4人のときよりも、範囲回復魔法をいかにタイミング良く出すかが、攻略の鍵になるのかな?

基本はやっぱりタンクさんにリジェネとかでとにかく死なないようにするのが吉ですけど、それでもやはりアクシデントというか、臨機応変に対応する能力が必要になってきます。

でも焦って操作ミスしたらもともこうもないので、的確に援護しましょう。

ホットバーの登録位置を覚えるのがよいかもですね。

とにかく慌てずに対処すれば、苦戦することはそうそうないと思います。

 

f:id:exe_909:20200407163551j:plain

全ての戦いを終えたあと、城は崩壊寸前。

その際、シドの父親が発したセリフ。

勝手に推測しますけど、アルテマウェポンという力に溺れてもなお、自分の息子への愛は、ずっと持ち続けていたのでしょう。

自分の人生が終わる瞬間にでてくる言葉が、自分の息子の名前。

それほど、愛が深かったことが伺えます。

 

ショッカーだったら普通「イーッ!」ですからね。

 

 

f:id:exe_909:20200407164126j:plain

主人公は、魔導アーマーによって脱出成功。

アルテマウェポンの破壊に成功したエオルゼアは、3大国の絆をより一層深め、真の平和に一歩近づくのであった。

f:id:exe_909:20200407164345j:plain

f:id:exe_909:20200407164406j:plain

はい、ストーリーはしょりました。

でも大体あってるはず←

 

ということで、新生エオルゼア編はほとんど終わったのではないのでしょうか。

次のイシュガルドに行くまでに、まだちょっとストーリーがあるみたいですけど。

 

初の8人PTはとても緊張しましたが、ヒーラーも自分以外にひとりいますので、協力しあってる感がなんか楽しかったですね。

最初のうちはワチャワチャしてて疲れるかもしれませんが、ここまでのストーリーに関するIDだと、比較的かんたんにすすめると思いますので、みなさんも是非積極的に参加してみましょう。

 

リットアティン戦?なにそれ。

 

ストーリーが一段落ついたところで、今回はここまでです。

最後までご覧いただきありがとうございました、

ではでは。