えぐぜの、なんか、えーと…あれです、あれ。

ゲームとか音楽とかについて気ままに更新。

【FF14】グループポーズと蛮族と

どうも、えぐぜです。

 

ひとまず、ストーリーが一段落しましたので、性懲りもなく寄り道。

というか、本来の目的に一歩近づいた感じですかね。

 

まぁ金の力ではあるんですが。

 

グループポーズを知る

私がFF14をやろうと思ったきっかけは、おしゃれ装備を自分で作成し、集め、コーディネートを考えることです。

 

そしてそれを撮る!重要!

 

ストーリーも面白いと評判なので、進めてはおりますが、やはりこれは譲れない。

で、SSを撮るにあたって、いつもはコントローラーの右スティックで、カメラ視点を動かして、キャラクターコンフィグ画面を開いて、カメラの高さをいじって…。

 

めんどいし、良く撮れない!

 

ことがわかりました。今更。

 

そこでGoogle。調べてみました。

そしたらあったんです。

 

グループポーズという神機能が…!

 

カメラの視点の自由さがいつもより増し、画面の明るさも設定でき、場所を指定することでいろんな色のライトが設置できたり、画面枠のフレームが選べたり…。

 

詳しい設定は、ベテラン冒険者が他で説明してくれてるので省きますね←

 

とにかく私にとってものすごく重要な機能がつめこまれてます!

以下はその設定画面。

f:id:exe_909:20200409202521j:plain

こっち見ろ

 

右の項目の中から、さっき行った画面の明るさとか、ライトの設定等変更できます。

 こりゃあ撮るしかねぇな!ってことで…。

 

課金しました。(?)

 

衣装を決める

なんで課金?グループポーズは課金要素?

いえいえ、グループポーズは、誰でも無料でできます。

 

ではなぜ?

 

それはSSを撮るのにやはり素敵な衣装は身につけたい。

だけど現時点ではおしゃれ装備は作れない…。

 

そうだ!金の力だ!

 

実はストーリー進行途中で、課金してるんですけどね←

そのとき購入したのは「スプリガン・コスチュームセット」です。

金額は、550円なり。

f:id:exe_909:20200409203658j:plain

胴装備がスプリガン系になってます。

こちらでも良かったのですが、もう一つ気になってたのがありまして。

 

その名も「ソングバード・コスチュームセット」です!

お値段はスプリガンセットと一緒で、550円なり。

  

さて、ソングバード系一式揃えても面白くないので、色々と他の装備も交えることにしました。

結果がこちらです。

f:id:exe_909:20200409204113j:plain

見た目の装備名を紹介させていただきます。

  • 頭装備「ソングバード・ハット」
  • 胴装備「ソングバード・ジャケット」
  • 手装備「ガーロンド・ヒーラーグローブRE」
  • 脚装備「ヒューランスカート」
  • 足装備「ガーロンド・ヒーラーサイブーツRE」

※帯装備と、アクセ類は省略してます。

 

50・60・70ダンジョンや、メインクエストルーレットをクリアすることで貰える「アラガントームストーン:詩学」というアイテムで交換できる、ヒーラー専用装備のガーロンドシリーズと組み合わせました。

よって、こちらの組み合わせはヒーラーのみになりますかね。

ミラージュプリズムの仕組みがよくわかってないのですが、もしかしたらDPSのソーサラー系もいける…?

とりあえず全クラスではありません。

すみません…。

 

適当に合わせましたが、個人的にかなり好きな見た目が完成しました。

ガーロンドのブーツがすごくかっこよくて、なによりも初期装備のヒューランスカートのガーターベルトの位置にぴったりっていう。

ヒューランスカート、いいですよね。

というか、初期装備一式見た目が好きです。

 

ということで衣装も決まり、ライトや明るさとか、もろもろ設定して撮影。

f:id:exe_909:20200409210244j:plain

これ撮るのに一時間くらいかかりました。

背景をもっと選べよ、自分

 

まぁ最初の一枚だし、慣れてないからいっか←

 

蛮族友好進行良好

空前絶後のおおおおおおおおおおおおおおおおおおッォ!

 

 

もうええか。

 

 

 

f:id:exe_909:20200409210820j:plain

イクサル族とは友好になりました。

今回の蛮族ストーリーでわかったことは、イクサル族と人は手を組んで作業してたみたいです。

もともと気球の制作技術は、イクサル族のもので、そこへ人が協力し、その人が他の人類に伝え云々。

そのイクサル族と人が重要な人物なんですけど、まぁプレイして確かめてください←

なので、いまの気球?飛空艇?の技術が人の手にあるのは、イクサル族が人に伝えたようなもんになります。

めっちゃざっくりいうとこんな感じ。多分合ってるはず。

 

同時進行でシルフ族。

f:id:exe_909:20200409215834j:plain

シルフもい1段階上がって認定へ。

なにやら「御子ちゃま」と呼ばれるシルフ族最強の子がいて、その子が悪い子シルフのもとにいて、それを取り返して来いというストーリー。

なんか生まれたとき、最初に見た人を親みたいな認識をするらしい。

 鳥の雛かな?

 とにかく、敵対してる悪い子シルフに渡ってしまうと大変危険なので、今後は丁重にお守りすることになります。

ということで次回からは、御子ちゃまを取り巻く人物達の、ハチャメチャドタバタ恋愛ストーリーになります。(嘘)

f:id:exe_909:20200409220124j:plain

上記画像は「御子ちゃま」を運んでいる途中。

 

ランゴスタでかいハチみたいな生物や、ランポス小さい恐竜もここにはいませんが、魔物とか悪い子シルフに襲われます。

攻撃を食らっても、どこぞやのハンターみたいに落としたりはせず、多少は耐えてくれます。有能。

 

 

今回は、クラス限定でのファッション紹介になりましたが、いずれは全クラスでもできるファッションもやっていけたらな、と思っております。

オンラインゲームということもあって、面白そうなコンテンツがいっぱいあるので、そっちに気を取られ寄り道をしますが、許してくだせぇ。

ということで、今回は以上になります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ではでは。